アマゾン「JP Parallel Import」で商品説明が消えて検索対象外

 

お盆休み、いかがお過ごしでしょうか?

売上も落ちるというか、動きがおとなしいので、
「1日ぐらい私もお休みを・・・」とうっかり気を抜いたところ、
ぐったり体調を崩しました。タトゥーレ鈴木です。

気を抜いたらイカンですね。

普段それほどバリバリなわけではないですけど、
気持ち的な部分を休めてしまうと、
それが体にも出てくるというか、
1日中、ほんとにぐったりでした。

ま、そういう場合は強制的に作業をして、
たくさん汗をかけばなんとかなります。
気合です。

 

気づかないうちに「検索対象外」になってると売れない

 

アマゾンの商品情報を編集するページに、
「商品説明文」と「商品の仕様」ってのがあります。

これが消えてしまうと「検索対象外」になってしまいます。

検索対象外、ってことは検索されないってことで、
検索されないってことはほぼ売れないってことです。

これは大きな痛手。

でも、アマゾンの商品ページは作った人が有利。

なんだかんだで、そのページを作った人が
ほとんどの内容をいじれます。

もちろん、そうじゃない場合も多いですが、
相乗りで出品していて、商品ページを作った人がいなくなって、
それと同時に説明文削除されて「検索対象外」のままに
なってると売れませんので、こまめにチェックしましょう。

 

私が出品している商品もいつの間にか
「検索対象外」になっているものがありました。

相乗り出品したのですが、周りはみんないなくなり、
今は私だけしか出品していない商品です。

それまでは「対象外」ではありませんでした。

普通に売れてたし。

それがいつの間にか「対象外」。

一度在庫が切れて、出品者が0になった後、
私だけが再入荷して出品しました。

そしたら「対象外」になってたんですよね・・・。

これは商品ページを作った人の陰謀か・・・。

でも、商品ページを見ると「商品説明文」も
「商品の仕様」も書かれたままなんですよね・・・。

はて・・・?

 

 

自分で修正しても反映されず

 

説明文も仕様も書いてあるのに「対象外」とは、これいかに?

「検索対象外」のままだと、せっかく再入荷して、
出品者が私一人だけというチャンスなのに、
売れなくなってしまい、たいそう困ります。

そこで、自分で作った商品ページではありませんが、
「商品情報を編集」から、タイトルやらなにやら
そっくりそのまま入力してみました。

もちろん説明も仕様もばっちり記入。

最初から商品ページを作ったのと同じ状態。

「自分が作ったページじゃないけど、
出品者は私一人だし、これで大丈夫だろ」
そう思いましたが、反映されず、
「検索対象外」のまま。

24時間ほど待ちましたが、変化ナシ。

その後も微妙に文言を変えてみたり、
あれこれいじってみたりしましたが、効果ナシ。

さすがに打つ手なく、煮詰ったので
アマゾンに相談することにしました。

 

 

「JP Parallel Import」に気をつけろ!

 

「このASINの商品、どうやっても検索対象外の
ままなんすけど。どうしたらいいっすか?」

そんな質問をアマゾンのテクニカルサポートに
メールで投げかけてみましたよ。

すると、すぐに回答がございました。

 

確認いたしましたところ、エラーが発生しており、出品者様の登録していただきました情報が反映されていなかったことを確認いたしました。
並行輸入品の欄を「JP Parallel Import」にしていただくのは新規にカタログを作成する場合のみとなっており、すでにカタログが出来上がっている場合につきましては、「JP Parallel Import」にしていただく必要はございません。

 

はい。

 

大変、申し訳ございませんでした。

おめーが勝手に変なとこいじるからだろうが、ボケ
ってことですね。

いや・・・いじったつもりはないんですが・・・
いじったんでしょうね・・・すみません。

テクニカルサポートの人がそこも直してくれまして、
無事に検索対象となりました。

お手数をおかけいたしました。

 

というわけで、既存のカタログに相乗りの場合、
並行輸入品の欄はいじらないようにしましょう。
エラーで検索対象外になってしまいます。

「JP Parallel Import」にするのは、
新規出品のときだけでよろしくお願いします。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ