Jetstar(ジェットスター)の機内に持ち込めるサイズのバックパックを探す

 

広州交易会(展示会)へはJetstar(ジェットスター)で
行くことになりました。

そのあたりの話は以下を参照してください。

広州交易会(展示会)に行ってみよう!

Jetstar(ジェットスター)はウィークエンドにセールをしてる

 

直行便で香港から陸路で広州へ入ります。

スーツケースは大小いくつか持っているのですが、
あんなのをガラガラ転がしながら、
達人バックパッカーの二人に
ついていけるわけがない。

確実に置いていかれる。

そう思ったので私もバックパックを
買うことにしました。
タトゥーレ鈴木です。

今日はそのバックパックを買う話です。

ただ買うだけの話なのに、なぜか長くなりそうな
予感がビンビンしているので、先に結論。

私が買ったのはコレです。

 

 

ジェットスターの機内にちゃんと持ち込めるサイズです。

 

買ったことがないものはネットで買えないよね

 

これまでの海外はスーツケースでした。

しかし、今回はそうもいかない気がする。

なぜなら、荷物を持って移動することが
多くなりそうだから。

だいたい、二人のバックパッカーと一緒に行くのに、
自分だけスーツケースってわけにはいかない。

やっぱ、私も両手フリーで旅したいよね。

なので、バックパックを買いに行くことにしました。

恥ずかしながら、私、そういったものを
買ったことがないので全くイメージがつかず、
ネットで買うのはあきらめ、実際に見て
買おうと思いました。

輸入していくつか売ったことはあるんですけどね。

あくまでアレは商品で、自分で使うとなると
全然よくわからない。

というか、よくわからないモノを売るなよ、
って話でもあるんですけどね・・・すみません。

勉強をするにはいい機会だし、
今回行く「広州交易会」の3期には、
リュック系も多く出品されているらしいので、
リサーチも兼ねて実際の店舗に見に行きました。

 

Jetstar(ジェットスター)の機内持ち込みサイズ

 

どうせなら機内に持ち込みたい。

旅慣れたお二方は、たぶん機内に持ち込むでしょう。

飛行機降りて私の荷物待ち、みたいな状況は避けたい。

飛行機って荷物でてくるの遅いじゃん?

おまけに「ロストバケージ」とかしたら
大変なことになるやん?

なので、機内に持ち込めるサイズを探すことにしました。

ジェットスターの場合、機内に持ち込めるサイズは以下の通り。

 

screenshot_20151016_191127

http://www.jetstar.com/jp/ja/planning-and-booking/baggage/carry-on-baggage

 

なんというか予約の段階からヒシヒシと感じてましたけど、
絶対にオーバーは許さない」感が出ております。

LCCってのは、基本的な料金が安く設定されている分、
条件変更などの融通が利かないのでしょう。

後から手荷物の重さが増えると
事前申請の時よりも高かったり、
購入の変更ができなかったり、
安い分、条件が厳しい。
まぁ、当然でしょうけどね。

なので、このサイズを死守したバックパックが第一条件。

ANAの国内便とか、もはや何でもありというか、
「それアリなの?」みたいな荷物持っている人が、
後から機内に乗ってくることがありますが、
きっと今回はそうはいきません。

海外だし、ANAじゃないし。

 

バートンって響きがカッコイイよね

 

とりあえず、1つめのお店。

意外と高いんですな・・・。

ただここは取引しているメーカーが限られているみたい。
5社ぐらいしかない。

選択肢があまりない上に高い。

それでも小一時間じっくりみましたけどね。
リサーチも兼ねてるし。

 

 

 

たしかこれだったかな。
これに決めようかと思いましたが、イマイチ悩む。
「バートン」ってなんかカッコイイんですけどね。

果たしてそんな響きだけで決めていいものか。

どうも自分の中の決め手に欠ける

知らない情報を一気に集めたので、
すでにちょっとお疲れでしたが、
勢いでもう1つ別のお店を見てみることにしました。

 

2件目のほうがいっぱいあるやないかい

 

次のお店は、メーカーも種類も超豊富。

逆に豊富すぎて困るぐらい。

選択肢増えちゃったよ。

リサーチ項目も増えちゃったよ。

でも、サイズとか目的別に分けられていて
とても探しやすいので助かりました。

ま、関係ないサイズとかもリサーチがてら
じっくり見させていただきましたけどね。

金額やら、サイズやら、機能性やらを検討し、
徐々に候補を絞っていき「この3つの中の
どれかにしよう」と決めるまでに小一時間。

そんなに広くないお店をうろうろしているので、
完全に不審者でしたね。

そして、そこからの長考。

同じ商品を手にとっては戻すの繰り返し。

今考えると、どこぞのセドラーよりもかなりタチが
悪い人になってましたが、本人は初めてのバックパックを
いたって真剣に選んでいるので、それに気づかず。

良い子のみんなは真似しちゃダメだよ☆

3つのうちから1つを落とし、残るは2つ。
そのうちのひとつがこちら。

 

  

 

色が素敵。

これにしようかと思いましたが、手にとっていろいろいじっていると、
ちょっと不便な気がしました。

開けると大きな袋状になっていて、奥まで手が届きにくい。
あと「カチッ」って止めるやつだと、防犯上イマイチかな・・・と。
チャックになっていて、鍵で止めたほうが安全な気がしました。

元々、海外で使う商品じゃないのかもしれません。

そんな機能的な問題で最終的に決めたのがこちら。

 

  

 

決まった後も、どの色にするかで数十分。

いい加減、店員が近づいてきて
「だいぶお悩みですか?」
と話しかけられました。

ここでふと我に返りまして、その店員さんと
3分ぐらい話してすぐ買いました。

ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

 

ちなみにこのバックのサイズは52×32×20cm。

ジェットスターの規定サイズが56×36×23cm
だから問題ないね。

容量は30Lで重量は660gと意外と軽い。
うむ、これでよし。

 

帰ってきてから一応仕事柄、アメリカのアマゾンも見てみたよ。

Mammut Xeron Element Backpack (Black, 30-Liter)

 

あ、あれ・・・??

 

 

お、おや・・・??
⇒メルマガ『もんこマガジン

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ