クリックポストはカラーではなく白黒印刷でも大丈夫

 

8月からゆうパックの一般料金、値上がってますね。

先日、郵便局へいったところ、ゆうパックを出したあとに、
「今月からゆうパックが・・・」と局員さんに言われたので、
それを遮って「あ、値上がったんですよね?」と言ったら、
かなり嫌そうな顔をされながら、チラシを渡されました。

「いや、割引額が・・・」といわれましたけどね。

値上げっすよね。

「値上げ」と言ってはいけないように、
指導されてるんでしょうか?
タトゥーレ鈴木です。

確かに持込割引の額は「100円⇒120円」になってて、
チラシでも表面でそのへんの割引を大きく打ち出してましたが、
裏面見ると小さく料金表が書いてあって、
しっかり運賃が値上がってます

チラシのおもて面にも「運賃・割引額の変更のお知らせです」と
書いてあります。

そんなに隠したいのか、「値上げ」。

別に「値上げでーす」って堂々と書いても
いいと思いますけどね。

持ち込めばトータル10円とかそこらの値上げですけど、
集荷の場合はもう少し値上がりましたね。

「同一県内」は50円以上あがりました。

まぁ、いまだに同一県内のサービス料金が
残っただけよかったのかもしれません。

他社ではありませんからね。

一般料金ではなく、契約している人は
今回の値上げ、関係なかったのでしょうか?

アナタは値上げの交渉、ありましたか?

 

いずれにせよ、宅配料金があがるのはしかたないですが、
どんどん極小セラーには厳しくなってきますね・・・。

 

戻ってきたよ、クリックポスト

 

そんな郵便局の便利なサービス「クリックポスト」。

ヤマトのメール便がなくなった今、
個人で追跡番号をつけて安く送れるのは、
このクリックポストでしょう。

全国一律「164円」。

私もよく利用しております。

厚さ3cmまでってのが、ちょっと余裕があって、
(メール便は2cmでした)なにげに助かります。

まぁ、82円のほうがよかったけど・・・
そんな過去のことをいってもしかたありません。

 

その「クリック」ポストが先日、
発送したのに戻ってきてしまいました。

なぜ私のところに配達された?クリックポスト。

理由を見ると、

 

 

 

バーコードが読み取れません

 

とのこと。

どうやら三次元バーコードが読み取れなかったみたいです。

とはいえ、本来ならお客様の手元に
到着してる頃なので、こりゃ、大変。

ヤフオクの方でしたが、すぐに連絡しまして、
事情を説明してお詫び申し上げ、
その日のうちに再発送しました。

その後、検証したんですが、
やっぱりバーコードが読み取れず。

どうも雨で軽くにじんだみたいでした。

インクジェットプリンタ使ってるんで、
よろしくないってのもあったのでしょう。

やっぱレーザープリンタ買わなきゃ・・・。

 

ちなみにバーコードが読み取れるか、
読み取れないかはスマホで確認できます。

それ以来、クリックポストは発送前に
かならずスマホで読み取り確認してから
発送するようにしております。

 

クリックポストは白黒印刷でOK

 

で、ついでに調べたところ、クリックポストは、
別にカラーで印刷する必要がないらしい。

カラーでも白黒でもバーコードが
読み取れればそれでいいらしい。

っち、インク代びみょーに損してたぜ。

 

・・・というよりも、私の検証の結果、
カラーで印刷するよりも白黒で印刷したほうが
バーコードが読み取れる率が高いことが判明。

まぁ、インクジェットだしプリンターが
古すぎるってのもあるでしょう。

なので、インク代がもったいないって方も、
バーコードがうまく印刷できない方も、
とりあえず白黒で印刷したほうがいいみたいです。

 

クリックポストの無駄な部分と課金のタイミング

 

ついでにクリックポストで気になるのが、
下半分は毎回いらない」ってとこ。

使ったことのない人のために、
簡単に説明しますと、
クリックポストの送り状を印刷する際、
A4の用紙が指定されます。

サイズ的にA4じゃないとダメらしいんです。

でも印刷して封筒に貼り付けるのは、
A4用紙を四等分した左上の部分だけ。

右上の部分は追跡番号とかが書いてある。

残りの下、2ブロック。

つまりA4用紙の下半分。

こちらには「クリックポストの説明」が書かれています。

サイズの規定だとか、禁止行為だとか。

そんなの毎回いらなくない?

「ちゃんと言いましたからね」的な、
いかにもお役所的な、毎回同じことの
繰り返しをさせるお仕事。

それでも守らない人は守らないわけだし、
ぶっちゃけ無駄なんじゃ。。。

そういう場合は、印刷する用紙の設定を
「A5」にすると上半分だけ印刷できていい感じです。

残った下半分は、また次の時に利用できるし。

もっと言えば、追跡番号もネット上に登録されるわけだし、
「それもいらねーや」って人は、用紙設定を「A6」に
してみると左上だけ印刷できます。

これでエコですね。

 

くれぐれも印字元のサイズを変えないようにご注意ください。

印字元のサイズを変えると、
前述のバーコードが小さくなったりして、
読み取れなくなってしまいますよ。

 

あと、クリックポストは送り状を「30分以内に印刷しろ」とか
表示が出ますけど、右クリックで「名前をつけて保存」を選び、
pdfで保存しておけばいつでも印刷できまする。

設定をいじったりするときは、うっかり30分を
超えてしまう可能性があるので、保存しておいたほうが、
再登録しなくて済むので便利。

ちなみに、課金されるのはバーコードが郵便局で
読み取られた時らしいので、間違えたり、
うっかり同じ人を2回登録した場合でも、
差し出さずにそのままにしておけばいいらしいよ。

 

以上、クリックポストの宣伝でした。

 

べつに郵便局のまわしものではない
私のメルマガ登録はこちらから。

mailmag002

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ