人生という名の列車

 

シルバーウィーク、いかがお過ごしでしょうか。
行楽にも絶好のシーズン、
お怪我や事故など起こさぬよう、
気をつけておでかけください。

私?

私はもちろん仕事します。

人とズラして、逆をいってこそ、
個人事業のよさが活きるってもんです。

渋滞とか待つのとか人が苦手な
タトゥーレ鈴木です。

そんなシルバーウィークで、読む人も少ないでしょうから、
今日はその隙をついて、プライベートのお話。

基本的に、最近ではそのあたりの話は
メルマガでやっておりますが、
たまにはこちらで書いておきます。

ま、オフ会に行った話なんですけどね。

 

書きたいけど書けない

 

ありがたいことにお誘いいただきまして、
オフ会に行ってまいりました。

こんな私をいつも誘ってくださるMONOさん、
今回もありがとうございます。

メンバーはすでに会ったことのある面々。

しかし、ニューカマーが一人。

私がとてもお会いしたかったあのお方。

ニューカマーならぬ、ニューカキー。

そう、最近ブログが復活したおーかきーさん。

ついに会ってしまいました。

久しぶりの集まりに興奮して浮かれた私は、
なぜか集合時間の1時間前に到着

少々時間を潰しまして、店の前でうろうろしていると、
MONOさんが登場。

会うたびに髪型変わっててすみません。
飽きっぽいんです。

その後、順調にメンバーが集まり、19時に始まって、
2時間で追い出されるのかと思いきや、
そのまま放置されて、気づいたら23時

私はすっかり飲みすぎまして、
しゃべりすぎました。

相変わらず、みんな、おもしれーなー。

いろんなこと知ってるなー。

ここに書ける話、ほとんどねーなー。。。

 

外に出せない話ほど、盛り上がるものはありません。

興奮してツバを飛ばしてすみませんでした。

口にも体にも締まりがなくなってきています。

 

私が言われて記憶に残った5つのコト

 

話の内容はホント、世界に向けて発信できないことばかりなので、
興味がある方は別の機会にご参加いただくか、
直接お会いしたときに聞いていただくことにしまして、
ここでは私が言われて記憶に残っているものを、
ピックアップして書き留めておきたいと思います。

 

・「タトゥーレ」も「鈴木」もハマらない

おかーきーさんの私に対するファーストインプレッション。
適当につけた名前なので、そりゃハマらないかも?
なんか、すみません。

 

・「あまゆにもんこま」とか最初「なんてハレンチな!と思った」

おかーきーさんの私のブログに対するファーストインプレッション。
えっと、よく言われます
そういうことばっかり考えてるから、そうなるんですよ!
マジメな話、私はそんなこと一切考えてませんでした。
ゴーゴーに言われて初めて気づきました。
ただ最近はブログタイトルのせいでアドセンスが、
止められた可能性も一理あるんじゃないかと思っています。
性的な意味合いは一切含まれておりませんので、
そのあたりをご理解いただけますよう、よろしくお願いいたします。

 

・「あまゆにもんこま」は最初の頃のほうが「なげやり」でよかった

「読者が増えるにつれてだんだん変わってきた」とも言われました。
あ、これはおかーきーさんじゃない人に言われました。
そりゃ、最初の頃は「誰も見てねーからどーでもいーや」と
思って書いてましたからね。実際、誰も見てなかったし。
でも、やっぱり、読者を意識するようになるとねぇ・・・。
あと、こういう風に段落を分けて書くようになると、
書き方は変わってきちゃうものなのです。
まぁ「読みやすくなった」とも言われたので、私が成長した証と
いいほうに受け止めておきたいと思います。
ただ、自分ではいまでも結構、なげやりだと思ってます。
昔はもっとひどかったのか・・・。

(そう思って一年前の今日のブログを読み直しましたが、
だいぶひどかったので、そっと見なかったことにしました。
リンクはもちろん貼りません。いや、貼れません。)

 

・「ミラカールwww」

いや、今となっては私もなんでこだわっているのか、自分でもわかりません。
ただ、なんかこういう定番ネタみたいなのがあると、助かるんですよね。
記事的に。

そろそろ違う定番を探そうと思います。

 

・「儲かってないのに経費とかwww」

デスヨネー。意味ないデスヨネー。
住民税すら払えないのに同情して、小遣いくれてやると
政府から通知が届きました。
6000円で中国連れてってくれませんかね?

 

オフ会後の私

 

そんな感じで大変盛り上がりました。

えっと、全然伝わらなくてすみません。

私は酒に弱いので、たいそう酔っ払ってしまいまして、
乗り換えの駅を見事に乗り過ごしました

次の駅で反対側のホームに渡り、1駅戻る

乗り換えて2駅進んだところで
「限界かも」と思い、途中下車

しかし、次が終電なので、早めに切り上げ、
ひたすら車内で耐える

なんとか持ちこたえ、電車を降りてからは牛歩。

普通に歩くと危ないので、牛歩。

帰り道の途中で、知らない家の生垣に座って休憩。

再び、牛歩。

また生垣を見つけて休憩。

完全に不審者でした。

普通に家に帰る3倍の時間がかかりましたよ。

 

人はなんで酒を飲むんでしょうねぇ?

 

家についてからは倒れてそのまま寝る。

気づいたのは朝の5時前。

もう一眠りしようと思うも寝れない。
気持ち悪いが、なぜか頭は冴える。

ヒマなので、参加者にスカイプやらメッセージやらで
「お疲れちょす~」とお礼の連絡を始める。

むしろ迷惑ということに気づかず。

迷惑メールを送りつけるのが終了したものの、
まだ寝れず、ヒマなのでしかたなくテレビをつける。

タイミングよく始まった「笑ゥせぇるすまん」のタイトルがなんと

 

 

 

「途中下車」

 

タイムリーすぎるだろwww

 

主人公の半出押太(57)は定年間近のマジメなサラリーマン。
まさに判で押したような型どおりの生活を続けて30年。
帰りの電車の窓から見えるバーの女性が気になり、
途中下車したい気持ちになるが、いつもそれを抑えていた。
そこに喪黒福造があらわれ・・・

 

電車でも、汽車でも、人間でも
レールから外れると何が起こるかわかりませんからねぇ~・・・
オーホッホッホッホッ・・・

 

私、何度もレールから外れてますけど・・・
もはやレールなんて見えませんけど・・・
今日も途中下車してすみません・・・

などと思っていたらますます頭が冴え、
眠れなくなったのでこれを書きました。

 

というわけで、レールがあろうとなかろうと
人生という名の列車は走るわけで、
そんなら好きに走らせたほうがおもしろいと
思う人たちが集まったオフ会でございました。

あれ?そう思ってるの私だけ??

 

こちらも好き勝手に走らせてます
メルマガ『もんこまがじん』

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ