MYUSが2015年8月15日まで、すべての配送30%オフ

 

MYUSをまだ1度しか利用していないので、
いいとも悪いとも言い切れない
タトゥーレ鈴木です。

よろしくない噂は耳にしますけどね。
他の方のブログなどで、よく書かれているのをお見かけします。

ただ、そういうのはたいてい「悪い」時に書かれるものですので、
どうしても悪い方の情報ばかりが目に付くことになります。
ですからその分は、やや差し引いて考えないといけません。

 

「ちゃんと届いて当たり前」という気持ちがあるので、
転送以外に目立ったサービスがないMYUSでは、
なかなか「よかった」という反応が出てこないかと思います。

何か素敵なサービスをしている感じがしないんでね。

 

2015年8月15日まで、すべての配送30%オフ

 

そんなMYUSから先日、
1度しか利用したことのない私のところにも
こんなメールが届きました。

screenshot_20150617_221110

だそうです。

いやっほーい。

アメックスじゃなくても30%オフなんてありがたいね。
転送しまくりんぐりんぐりんだね。

ただ、下のほうに気になる注意書きが。

キャンペーン期間は 2015 年 8 月 15 日までです。割引は 2015 年 8 月 15 日まですべての配送に適用され、他のキャンペーンと併用できます。割引は、DHL、UPS、FedEx のエクスプレス インターナショナル配送にのみ適用されます。割引は自動的にアカウントに直接適用されます。

 

「他のキャンペーンと併用できます」

というのはどういうことですかね?

私はまだMYUSビギナーなのでよくわからんのですよ。

30%オフされてから、さらにアメックスは30%オフってこと?

$100だとすると$70からさらに30%オフで、$49ってこと?

いやいやいやいや~、そんなことないでしょ。
それはオフしすぎでしょ。
そんなの、もはや元の値段はなんなのかって話ですよ。

 

そうじゃないとすると、単に30%オフってことは、
アメックスじゃなくてもアメックスと同じ割引になるってことですかね。
(ちなみに私はJCB。アメックスが作れないんだよ)

もしかしてアメックスの人にはこのメールいってないのかな?

だとしたらありがたいっすね。
私もアメックスと肩を並べることができます。

しかし、私はイマイチ信用できんのですわ。
疑い深い性格なんで、どうしてもこういう話は怪しんでしまいます。

アメックスと同じ30%オフになるなら、まぁ、ありえるでしょう。

でも、30%オフの30%オフみたいな話なら、
かなり怪しい話だと思うんですよね・・・。

 

ここでちょっと昔話

 

さて、MYUSとは関係ない昔話をひとつ。

その昔、日本では年貢といって、税金の代わりに
お米を納めておりました。

お米は俵で納められますが、その俵に入れるお米を計るのに
枡(ます)が使われました。

一升枡(いっしょうます)は縦横四寸九分(約14.85cm)、
深さ二寸七分(約8.18cm)。

お酒、特に日本酒を飲む人は一升瓶(1800ミリリットル)なんて言葉が
ピンとくるでしょう。その「一升」です。

それが十杯、つまり十升(しょう)で一斗(と)。
あの「一斗缶」の「一斗」です。一斗缶は約18リットル。
お米の重さだと約15kg。

これが四斗で一俵。
つまりだいたいお米60kgが一俵でした。

昔は「はかり」などというものはありませんので、
「俵の重さがちゃんと60kgになるようにはかって・・・」
などということはしません。

一回一回、枡にいれて量っていきます。

一升枡でお米をすくって、上を平らにして一升。

一升、二升、三升・・・十升で一斗。

そして四十升で一俵です。
米俵を一杯にするには40回、枡で米をすくわなければなりません。
ちなみに一石(こく)は十斗。これは米俵二俵と半分。
「百万石の大名」の百万石集めるには何回米をすくったらよいのか・・・。

では、その年貢の計測に何度も使われる、この枡。
先ほど書きましたが、縦横四寸九分、深さ二寸七分と
やや中途半端な大きさだとは思いませんか?

かつて枡は縦横五寸、深さ二寸五分という
キリのいい数字でできていました。

ところがある時、お役人から農民にお触れが出ました。

「この年より、年貢を納める際に使う枡の深さを二分(にぶ)深くする」

枡が深くなれば、当然、納める年貢の量が増えます。
農民はもちろん怒り、これに反対しました。

しかし、お役人は続けてこう言いました。

「まぁ、待て。そのほうらの言い分はもっともである。
ならば縦横を一分(いちぶ)ずつ縮めることとする。
縦横が一分ずつ、つまり二分縮まり、深さが二分深くなる。
これなら前となんら変わらんであろう。どうじゃ?」

農民はそれを聞いて納得し、また畑仕事に精を出しました。

それ以来、枡の縦横は一分ずつ縮まり四寸九分、
深さが二分深まり二寸七分となったそうな。

めでたし、めでたし。

 

本当にめでたいのは誰?

 

さて、めでたいのは誰でしょう?

体積の計算はみんなできるかな?

 

「一見、前と同じ条件」とかいうのは一番怪しい。
何もしてないのに「前より安くなる」ってのはもっと怪しいよね。
しかも向こうから言ってくるなんてね。

ちょっと疑いすぎですかね。
疑ったところでしょうがないことではあるんですが・・・。

MYUSってさ、転送料金の一覧表ってあるの?なくない??
あれ、いちいち全部の重さ入れて調べなきゃならんの?
あえてブラックボックス?

去年の後半、「True Price」が発表された時、
転送料金の価格表自体が値上げされたという話もありました。

30%オフでも基準の料金が30%UPされてたら、
あまり意味ないですよね。

そして8月15日が過ぎても基準の料金は30%
上がったままだったら・・・いや、これは私の妄想ですよ。

ただ、何かの値上げの時にはよくある手なんですよね。

ゆうパックも値上がりするし、配送業者は
各社ともに値上げの気配がある昨今。

MYUSの料金、ちょっと注意したほうがいいかもね。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ