広州交易会に行ってかかった費用。飲食代、その他費用、まとめ。

 

成田から香港経由で広州交易会に行きました。
6泊7日の行程でかかった費用についてまとめています。

前回は、飛行機代・交通費・宿代について書きました。
広州交易会に行ってかかった費用。飛行機代、交通費、宿代。

 

飛行機代は5万円程度を見込んでいたので、
それよりは安く抑えられました。

ただ、宿代とこれから書く飲食代については、
私の見込みより少し多かった気がします。

私の見込みが甘かったというのはもちろんですが、
中国の物価も数年前に比べると、
上がっていたのもあると思います。

それでも日本より遥かに安いんですけどね。

通貨が変わると、計算するのがそのうち面倒になって、
結局、普段よりお金使ってることってあるよね?
タトゥーレ鈴木です。

余計な話はやめて、本題です。

 

朝食、昼食、夕食、夜食・・・飲食代について

 

正直なところ、エンゲル係数、高かったと思います。
なんというか、食べすぎです。

初日から夕飯2回ありましたからね。
その後、ホテルに帰ってつまみとビールと地底人。
まぁ、お昼食べてなかったからいいか・・・。

だけど、安いからと言って倍食べたら、意味ないよね。

どれもとてもおいしかったので仕方ない。

ニンニクとパクチーが苦手な人は、
ちょっと厳しいかもしれません。
みじん切りのニンニクとパクチーが、
ふんだんに使われていることが多かったです。

幸い、私はどちらも好物ですので、大歓迎でした。

あと唐辛子の登場も多かったのですが、これは好みによって
避けることができたので、問題なし。

 

残念ながら私のメモが初日分しか残っていないので、
初日分しか細かい金額が分からないのですが、
とりあえず初日の食事っぷりを公開いたします。

食べたものや状況などを詳しく書くと、
超長くなるので、それはまた別の機会にして、
とりあえず簡単な内容と費用だけ。

まず、夜8時頃、屋台でラーメンと2品。3人で64元

ホテルが決まった後、街にくりだして、食事。
中華丼のような、ご飯にいろいろかかってる系のものを、
一人一品。合計3品。38元。

 

ホテルでのつまみ用北京ダックが20元。

セブンイレブンで買ったビール60元。
たしかギネスの缶3本と青島ビールのビン3本。

全てあわせると 182元。

3人で割ると 約60元。

1元=20円とすると、約1200円でした。

 

こんな調子で、昼1食、夜2食のペースが5日間。
有名なお店の飲茶も食べました。

平均すれば、1500円ぐらいでしょうか。

6日間で計9000円。

高く見積もっても1万円ぐらいだったでしょう。
1人で行って、6日も滞在しなければ、
5000円以内に抑えられるはずです。

ただ、向こうの料理は大皿にドンと盛られてくることが多く、
一人だと食べられるものがかなり限られます。

3人ぐらいで行ってシェアするほうが、お得だし
いろいろ食べることができます。

一人だとそれこそマックとかケンタッキーとか
サイゼリアとか・・・中国っぽいところには
入れないかもしれません。

精神的にも入りづらいですし。
屋台に入るのも結構、大変そうです。

我々は「日本にあるお店で食事をした場合、
前歯をへし折る」という厳しいお触れがでていたので、
そのあたりのお店の値段はわかりません。

ただ、マックでは緑のバーガーが売ってまして、
個人的にこれはちょっと食べてみたかった。

green_mac

 

 

マッサージとか、その他にかかった費用

 

マッサージ好きな方がおりまして、
促されるまま2回ほどマッサージに行きました。

性的なやつではありません。
本格的なやつです。

1回80元とかだった気がします。(違ったらごめん)

あとは生水が怖いので、ミネラルウォーターをよく買いましたが、
私は2元の水を買っていました。

他には、香港で緑の風邪薬を買ったり、
フェリーに乗ったりしましたが、たいした金額じゃない。

そういえば、広州交易会の会場で、他に選択肢が無く、
しかたなく日本でもみかける、赤文字の「S」で始まる
イタリアン系のお店で、アイスコーヒーを飲みましたが、
こちらが一杯30元というボッタくり価格。

日本円だと約600円なので、そこそこ高いぐらいですが、
ほっそいグラスに入ったアイスコーヒーが600円で、
初日の食費の半分に相当するというのはちょっと・・・
3人とも「騙された」と思いましたね。

でも、カフェは常に満席に近い状態。

まぁ、仕方ないよね・・・。

 

ついでにですが、最終日の香港のクラブとかバーの飲み代は、
カリフォルニアのおやじさんが、金色に輝くカードで、
なぜか全部払ってくれました。
ハイネケン×3人分×3店分・・・ああいうとこのお酒って
いい値段するんじゃないんですかね?

ありがとう、おやっさん。

ちなみに私は3つめのバーで、調子よくなって、
コロンビア美女に言われるがまま、
400香港ドルぐらいおごらされましたよ。

約6000円。

私の好きな外人系の顔というか、外人だし、
金髪と黒髪のむっちりボディコン二人と
話ができたので、ノープロブレム。
適当な英語でも話ができておもしろかったし。

むしろ日本語なのに全く会話にならない上に、
見た目もイマイチな、どこぞのキャバクラよr・・・
なんでもないです。

全然違う気もするけど、いちおう今検索した中で、
あえてイメージを伝えるとするなら、こんな二人。

http://amayuni.com/enq4

http://amayuni.com/q7v9

 

私はどちらかというとエイミー・アッカー(Amy Acker) さんのような
女性が好みなんですけど・・・どうでもいい話ですね。

すみません。

 

6泊7日、広州交易会の旅でかかった費用の合計

 

これまでの金額を合計するとこうなりました。

飛行機代    35000円
現地交通費   7500円
宿代      28000円
飲食費      9000円
その他     10000円

合計 89500円

 

成田までの費用とか、その他の雑費を入れても、
だいたい10万円以内で行けたと思います。

日数を4日に削ったり、無駄な出費を抑えたら、
もっとお安く行けるでしょう。
5万円以内はかなりがんばらないと厳しいかもしれませんが、
7万円とか、それぐらいは可能だと思います。

で、その費用が交易会で回収できるのかって?

旅の思い出はプライスレスですから・・・。

 

まぁ、最初からそんなこと考えちゃう人は、
いかないほうがいいでしょう。

これからも狭い見識のまま、一生懸命PCの画面見て、
お部屋でリサーチしてたほうがいいっすよ。
そのほうが効率いいし。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ