走りながら考える

 

このブログの方向性とか方針とかを
ここ1週間ぐらいずっと考えてましたが、
まったく見えてきません。
タトゥーレ鈴木です。

私はこういったことで止まってしまい、
そのままにしてしまうことが非常に多いのです。

しかし、それではいけません。  

 

計画をしている時が一番楽しい

 

走りながら考えるってのは、
あまり好きな言葉じゃありません。

だって、何かを始める前の段階が、一番楽しくないですか?

これから始まることへの期待と不安。

ドキドキとワクワク。

成功への夢と希望。

 

でも、始まったらたいてい待っているのは、厳しい現実。

挫折。

あきらめ。

そんなことを短い人生の間にも学習してしまったのです。

 

・・・ちょっと2回目からいきなり鬱展開すぎて、反省してます。

まぁ、それは言い過ぎたとしてもですね、
旅行に行く前にガイドブックとかみて、
いろいろ妄想してる時が一番楽しかったりしません?

で、行ってみて計画通りに行動すると、
予定通り遂行できた満足感はあるものの、
何か物足りない。

そんなことありませんか?

それって、ガイドブックとかで調べすぎて、
それを確認するだけの「作業」になっちゃってるんですよね。

だからイマイチおもしろくない。

攻略本を読んでから、 その通りにゲームをやるようなものです。  

 

名前を考えて小一時間

 

ゲームの話で思い出しましたが、
主人公の名前とか決めるのにも
私はとても時間がかかります。

「バッツ」とか設定的な感じで、元々決まってると楽なんですけどね。

自由に入れられるとなると、 どうしようか。

自分の名前は恥ずかしい。

かと言って誰の名前を入れるのか。

好きな芸能人?

いや、それもなぁ・・・。

これが4人パーティーの名前を、
全部決めるとなるともっと大変。

4人の名前をどうするか・・・
アレとアレとアレだと3人で一人足りないし・・・
そこにアレを入れると浮くし・・・。

そんな感じでいつまで経っても
ゲームが始まりません。

パワプロで選手を作る時などはもっと大変。

家庭用のゲームならまだいいんです。

これがオンラインゲームとなると、
他人にも見られるわけで、
それが仮の自分の名前になるんだから
ちゃんとした名前にしたい・・・
でも特定されると困るし・・・
もう一生ゲーム始まらない気がしてきます。

そんな時見かけた「救急車」という名前の人。

斬新的かつ哲学的で、そのセンスには衝撃でした。  

 

とにかく始めちゃうことが大事だと

 

いつまで経っても始まらないという点が
自分のよろしくない部分だと最近では、
少しずつ認識できていまして、
なるべく そうならないように修正しています。

なので、とにかくやってみる

そしてやりながら考える。

そうできるような勢いのようなものを、
できるだけ持とうと心がけています。

旧ブログもそうでした。

とにかく始めなきゃで始めたので、
タイトルも名前もテキトーになりました。

名前に関しては、後悔しています。

このブログもまだタイトルとか全部テキトーですし、
方向性とか方針とかも見えていません。

書いてるうちに見えてくるかと。

とりあえず、また、毎日書いて、
しばらくは「量」で勝負するしかないかと。

そんなわけで、勢いだけでかいたらこんな感じになりました。

まだ誰も見てないだろうし、 徐々に修正しまーす。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ