6月1日より納品先FCが変更になります

 

輸入品について税関のホームページを見ながら
調べ物をしておりまして、主要なところはメモ帳に
コピーして保存しておりました。

保存する時にファイル名を適当に「zeikan.txt」
という名前にして、デスクトップに保存しました。

次の日の朝、デスクトップに「seikan.txt」
というファイルがあり首をかしげました。

 

一文字違うだけで大惨事。

一文字と言うかローマ字の母音一文字、
日本語の場合、゛(濁点)を取っただけで
ここまで意味が変わるとはね。

キーボードにして僅か3cmの誤差。

それであのお堅そうなお役所の「税関」が一気に
××(禁則事項)になってしまうとは。。。

 

不謹慎な名前のファイルがデスクトップにあり、
朝からたいそう驚いたタトゥーレ鈴木です。

いちおう言っておきますけど、
「制汗」ですからね。
これからの季節を考えたら、これしかないでしょう。

変な想像をしないように。

 

6月1日より納品先FCが変更になります

 

決して性的なイメージは含んでいないということを
証明して、SEO対策をしたところで本題です。

噂では聞いていましたし、どこかのサイトで内容は見てしまったので
知っていたのですが、やっと私にもFBAの納品先が変わるという連絡が
Amazon様から届きました。

 

ずっと連絡がなかったので、関係ないのかと思ってましたが、
いちおう関係あるみたいですね。

届いたのが6月4日で6月1日をかなり過ぎてましたけど。
なぜいまさら送られてきたのかは謎です。

現在、納品元住所の最寄りのFCが納品先として指定されておりますが、2015年6月1日より、購入者の需要分布と各FCの在庫のバランスにより最適な納品先FCが指定されるようになります。小型・大型サイズの商品は、納品先FCが毎回変わりますのでご注意ください。

 

毎回納品先FC変わるってよ。

私は関東ですが「鳥栖FC」とか言われても困るなぁ。
翌日に着かなくて中一日かかっちゃう。たぶん。

別にそんなに急いでないからいいとはいえ、
近いに越したことはないです。

距離があればその分、輸送中のリスクも増えるし。

あと、航空便になると載せられる荷物と
載せられない荷物があったりして面倒。

というか送料高くなるやん。

ただ、こんなメリットもあるらしい。

 

この変更により、出品者様のFBA商品が首都圏・関西圏・名古屋圏・北九州圏で当日お急ぎ便に対応できるようになり、Amazon直販部門と同等のスピードでお客様に商品をお届けできるようになります。 また、複数のFCへ在庫を配置しておくことにより、台風や大雪などの自然災害時における配送遅延のリスクを減らすことができます。

 

たしかにね。

噴火や地震などの災害で小田原FCに被害があったら、
私の在庫は壊滅です。
箱根とか、あのあたり最近ちょっと不安定だし。

あと、ここから先は私の妄想ですけれども、
注文者に近い住所のFBA在庫が優先的に
カートとれるようになったりしないかな?

小田原FCと鳥栖FCに同じ商品の在庫があるけど、
福岡の人の注文は鳥栖FCの在庫が優先的に
カートに表示されるようになるとか。

そのほうがいろいろ効率もいいし、費用も抑えられるからね。

Amazonのシステムならやれそうな気がする。

ただ、そうなったとしても出品者としては
分散した方がいいかと言われると・・・う~ん・・・。

 

6月1日以降はどうなるのか

 

今日はもう6月7日で激遅情報ですけど、
メールが来たのが遅いんだからしかたない。

一斉適用じゃなくて順次適用らしいから、連絡も順次なのかもね。

今後どうなるのかについてです。

【現在(つまり適用前)の納品先FC】fbafc6-1izen

 

【6月1日以降(適用後)の納品先FC】fbafc6-1ikou

メディア商品もファッション以外の商材と同じ納品先FCとなります。

もっと詳細が欲しい方はこちらへどうぞ。

2015 年 6 月 1 日以降の納品先フルフィルメントセンターについてよくある質問

 

納品先が毎回変わるのは困るわよって人は固定できるそうです。

海外からの納品、もしくは、チャーター便での納品等の理由により、都度異なるFCへ納品することが難しい場合は、FCを固定できます。固定を先に依頼頂いても納品先FCの指定方法が変更されるまでは従来の納品先(発送元住所の最寄りのFC)が表示されます。今後FCの固定には手数料が発生する予定です。手数料については、詳細が決まり次第お知らせいたします。

 

「今後FCの固定には手数料が発生」

手数料がはっせい

てすうりょうがはっせい・・・・

 

結局、お前はどうするの?

 

私はですね、FBAマルチチャネルで無地ダンボールを使用しています。

なので固定しなくても自動的に以下の4拠点が選ばれるらしい。

小田原FC(神奈川 FSZ1)
川島FC(埼玉 HND3)
大東FC(大阪 KIX2)
川越FC(埼玉 NRT5)

 

大東以外、いつも納品しているとこです。

「じゃ、別にいっかな~」とも思いましたが、大東が邪魔なので
「新たに鳥栖FCが無地ダンボールに対応!おめでとう!!」
とかいきなり言われて鳥栖送りになっても困るので固定することにしました。

固定の方法は簡単でメールのリンク先へ行って、選択して送信するだけ。

screenshot_20150607_103733

私は小田原と川島。

無地ダンボールは選択肢が他にないっす。

メールが送られてきてない人はメール待ちだけど、
メールが来ている人で固定するつもりの人は、
手数料をとられる前に固定しましょう。

ただ、送料を全国一律の金額で業者と契約できてる人とか、
固定するメリットが特にない人は固定せずに、
分散させて納品した方がいいと思います。

リスクが分散する、というよりもAmazon様が
そちらを推奨しているんですから、それに従ったほうが
有利に働くはずだと、私は思うんですがねぇ。
どうでしょう?

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ