アマゾンで本が売れた その2

 

一度も読んでいない本をアマゾンに出品したら、
思ったよりすぐに売れて驚いた話の続きです。
タトゥーレ鈴木です。

前回のお話⇒アマゾンで本が売れた

タトューレでもタチューレでもラタトゥーユでも、
その部分は比較的なんでもOKです。

 

どうしてそんなに早く売れたのか

 

昨日書いたとおり、10円程度から出品されている中で、
私は出品者ページの3ページ目ぐらいの値段で出品しました。

約250円。

売る気があまりなかった上に、
本を出品したことがなかったので、
どれぐらいの手数料がかかるのかわからない。

なので、そこから送料を引いても問題ない値段にしたんです。

ところが、前にたくさんの出品者がいるにもかかわらず、
さっくり売れてしまった。

私もなぜなのかちょっと疑問でして,
理由らしきものを調べたところ・・・

期待させてしまったら申し訳ないですけど、
特別なテクニックとかは使ってないです。

その理由は・・・

 

 

 

単にコンディションを「非常に良い」にして出品していた

 

 

からでした。

 

逆に焦った

 

私より安く出品している出品者のコンディションは、
みんな「良い」止まり。

つまり私が「非常に良い」の先頭にいたんですね。

これを知った時、正直、「やっちまった」と思いました。

 

そりゃ、出品した時の何も知らない私の感覚では、
「一度も読んでないどころか、スリップまでそのまま。
『ほぼ新品』だけど1ランク落として『非常に良い』
ぐらいにしといてやるか」という気持ちでした。

でも、それって主観じゃないですか。

深く調べずにテキトーにつけたわけですよ。

「後で文句言われたらどうしよう・・・」
すぐにそう思いました。

 

中古のコンディションって難しいですよね。

私は中古本とか中古ゲームとかあまり気にしませんが、
知り合いに「一切ダメ」という人もいます。

とりたてて潔癖症というわけではないのですが、
本に関しては「人が触った中古本は、なんかダメ」と言って、
これまで新品でしか本を買ったことがないらしいです。

ブックオフ?入ったことがないらしいっすよ。

私なぞは人が触ったどころか数百年前の、
ボロボロの「古書」というやつに憧れるくらいで・・・
実際、触ったことも開いたこともあります。

 

話を戻しますが、コンディションなどの「感覚」の部分は、
人によって差があります。

ある人にとっては「非常に良い」でも、
ある人にとっては「可」かもしれない。

私はいちいち気にしすぎですかね?

 

コンディションが良ければ売れるけど・・・

 

とりあえず、私の本に関しては今のところ
何も問題は起こっておりません。

無事に読まれているでしょう。

おもしろいといいね。

 

ただ、次からはもう少しコンディションを気にして
出品しようと思っております。

1冊、本が売れたことをきっかけに、
読んでない本は全て出品しようと
ちょっと勢いがついてきました。

売れなさそうなのは捨てます。

 

そんなわけで、本棚にある読まない本、
人からもらった本などはどんどん出品して
みるといいかと思います。

セラーリサーチ対策にもなるし。

ただ、コンディションには注意しましょう。

コンディションを良くすれば売れるけど、
基準には個人差があるので、やりすぎないようにしないと、
悪い評価をいただいちゃうかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ